Mizu Laboratory 3D printed assistive devices selfhelp elderly arthritis disabled inclusive design

Inclusive Designで快適生活を支援する

水ラボラトリの 3D Print design は "Cool & Reliable"
Technology

Makers Bazaar Osaka 2018に出展しました

2018年7月7日~8日に開催されたMakers Bazaar 2018に出展しました。

大雨で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。また、

大変な天候の中ご来店頂きました皆様方に御礼申し上げます。

DSC_0049

DSC_0048

MakersBazaar2017に出展

2017年7月8~9日に大阪ATCで開催された、メイカーズバザール大阪に出展しました。多くの方々に見て頂き、お話できたことに感謝いたしております。ありがとうございました。

3D Printer を用いたカスタムメイドの添え木(シーネ)

3D splintLoughborough University
Loughborough University(英国)のAbby Patersonは、関節リュウマチ患者に提供する
シーネを3Dプリンターで作成するソフトウエアを開発中。CAD経験のない臨床医でも
簡単にシーネを設計・作成可能。分厚く不格好な従来のものと比較すると、スマートで
しかも安価になるそうです。患者の腕を3Dスキャニングしてサイズデータを取り込む
だけで添え木モデルが形成され、色・材料・メッシュデザインを選択すれば、カスタム
メイドの3Dプリント添え木ができるというもの。

http://www.lboro.ac.uk/news-events/news/2014/june/129-wrist-splints.html

 

安価な飲料水用フィルター

Ag nanofilter (Indian Institute of Technology )Indian Institute of Technology / Thalappil Pradeep

 

Thalappil Pradeep 等は、2.5ドル/年で5人家族の飲料水を作ることができる、銀イオンを放出する

ナノ粒子からなるフィルターを開発中のようです。世界では毎年160万人が「危険な水」で亡くなって

いるようで、Pradeep 等はポータブルなろ過器を念頭において、安価に飲料水を作る方法を考えています。

http://www.pnas.org/content/110/21/8459 

 

フロー電極を用いたCDI法

Flow Electrode CDIKorea Institute of Energy Research

 

Dong Kook Kim(Korea Institute of Energy Research)等は、CDI法では固定されたイオン吸着用の活性炭層を、ナノ活性炭粒子の流体に置き換える方法を提案しています。CDI法では多層の電極構成にするため流体の圧損が問題となるところ、単層セルで活性炭層をフローすることにより高効率の脱イオン処理を実現できるとしています。

Energy Environ. Sci., 2013, 6, 1471-1475

http://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/2013/EE/c3ee24443a#!divAbstract